Download ITLS 第4版: 救急救命スタッフのための 無料のPDF

Download ITLS 第4版: 救急救命スタッフのための 無料のPDF

Download ITLS 第4版: 救急救命スタッフのための 無料のPDF, オンライン電子ブック, 電子ブックを読む Download ITLS 第4版: 救急救命スタッフのための 無料のPDF オンラインでは、この本を無料でPDFまたはEpub形式でダウンロードできます。

ITLS 第4版: 救急救命スタッフのための

書籍の説明

  • ファイル名: Download ITLS 第4版: 救急救命スタッフのための 無料のPDF.pdf
  • ISBN : 55543924
  • リリース日 : 11 7月 2021
  • ページ数 : 167 ページ
  • 著者 : RL.Alson (著 編集),
  • 作成者情報 : RL.Alson (著 編集),
  • エディター : 独立した出版社

 

書籍の説明

病院搬送前の外傷処置を総合的に解説する、救急医療スタッフ必携の書『ITLS』原著最新版(第9版)の翻訳が登場! 受傷機序に関する理論から、傷病者の救出、観察、評価、救急処置、搬送まで幅広く網羅し、小児や妊婦への対応についても詳解されている。

【本書の構成より抜粋】
救急救命スタッフのためのITLS原著第9版(日本における第4版)では,病院前における外傷傷病者の評価と管理に対する,より機能的なアプローチを反映して再構成されている.本書は4つのセクションに分かれている.
第1セクション「極めて重要な情報」は第1章~第7章である.これらの章では,受傷機転,外傷傷病者の評価,出血のコントロール,ショックと気道の管理など,外傷傷病者のケアの中核となるトピックを取り上げている.臨床的なトピックに関するそれぞれの教科書的な章に続いて,その状況に対応するための技術(スキル)を記述した章がある.
第2セクション「基礎知識」は第8章~第15章である.これらの章では,胸部外傷,腹部外傷,脊椎損傷と脊椎運動制限,四肢外傷など,特定の身体部位の外傷の評価と管理を取り上げている.教科書的な内容に続いて,特定のスキルを記述した章がある.
第3セクション「特定の傷病者」は第16章~第21章である.これらの章では,外傷性心停止,熱傷,高齢者,小児,妊婦,アルコールや薬物の影響下にある傷病者などが取り上げられている.
第4版は外傷傷病者のケアにおける,最新かつ最も効果的なアプローチを救急医療従事者に提供するために更新された.外傷の科学は常に進化しており,著者はITLSの研究ワーキンググループと協力して,外傷傷病者の初期治療に関連する最新の情報を本書に反映させた.章ごとの主な構成と変更点は以下のとおりである.
◆序章では,「ゴールデン・ピリオド」の概念を説明し,なぜそれが救急医療従事者にとって重要であり続けるのかを記載している.
◆第1章では,引き続き「現場の安全性」を強調し,外傷治療は多くの専門家が中心となって取り組むチームワークであるという考え方を示した.本章では,Hartford Consensusにより提唱された対応の変化についても触れている.
◆第2章では,ITLSインストラクターやプロバイダーから寄せられた意見をもとに,評価手順に若干の変更を加えている.また,アセスメント開始時に出血を確認し,コントロールすることの重要性を強調している.隊長がアセスメントを行う際には,初期評価で発見された異常への対応を隊員に委ねることになる.隊長は,問題に対処するためにアセスメントを中断してはならず,必要な処置は隊員に指示して行ってもらわなければならないというルールを再度強調している.これにより,チームコンセプトが強調され,現場滞在時間を最小化できる.3つのアセスメント〔プライマリー・サーベイ(Primary Survey),継続観察(Reassessment Exam),セカンダリー・サーベイ(Secondary Survey)〕の順序が変更された.より現場に即して,継続観察(Reassessment Exam)はセカンダリー・サーベイの前に実施され,状況によってはセカンダリー・サーベイに置き換わる可能性がある.
◆第3章の評価スキルは,第2章での変更点を反映している.
◆第4章では,最近の紛争における軍の最新の経験を反映して,出血性ショックに関する議論を更新した.出血の管理におけるトラネキサム酸(TXA)の役割や,血液凝固因子の希釈を防ぐために晶質液の輸液を制限する必要性についても追加されている.病院前での輸液はバイタルサインの正常化ではなく,灌流の回復であることが強調されている.
◆第5章では,創傷のパッキング,止血剤の使用,早期のターニケット装着などの出血コントロールのためのスキルが取り上げられている.また,骨髄輸液についても解説している.
◆第6章では,挿管チューブの位置を確認し,モニターするための基準として,また,過換気や低換気を評価するための最良の方法として,カプノグラフィを再度強調している.また,換気ごとの換気量は,固定された量ではなく,傷病者の反応(胸の上下)を重視するようになった.
◆第7章では,気道管理を成功させるためには傷病者の体位を適切に保つことが重要であることを述べ,ベーシックな気道管理における声門上エアウェイ(SGA)の重要な役割を強調している.また,困難気道に対するツールとしてビデオ喉頭鏡についても触れ,さらに薬剤補助挿管についても概説している.
◆第8章では,緊張性気胸の針脱気(胸腔穿刺による脱気)や心嚢穿刺が救護者の処置として認められている場合の適応について概説している.また,緊張性気胸や心タンポナーデを特定するための超音波検査についても記載している.
◆第9章では,緊張性気胸に対する胸部減圧術について取り上げているが,これは戦術的救護者が直面している問題を反映したものであり,チェストシールの使用についても言及している.現場での即席の3辺テーピングは,4辺テーピングと針脱気による減圧に変更されている.
◆第11章と第12章は,発表されたガイドラインに基づいて,脊椎運動制限(SMR)のタイミングについて,現在の科学と進化を反映している.バックボードは傷病者を移動させるための道具であり,傷病者をバックボードで搬送することはもはや推奨されない.また,搬送用ストレッチャーに乗せた傷病者を,どのようにバックボードから降ろすかについても記載している.
◆第13章では,骨盤骨折が腹部損傷に合併することを反映して,骨盤骨折が追加された.骨盤骨折に対する骨盤固定器具の使用についても言及し,簡易乳酸値測定や病院前での超音波検査についても記載している.
◆第14章では,四肢の外傷による出血の管理について,止血剤の説明を含めて言及している.
◆第15章では,ターニケットや止血剤の使用手技について述べ,骨盤骨折に対する骨盤固定器具の使用手技についても記載している.
◆第16章では,外傷性心停止の管理に関するアルゴリズムを掲載した.病院前における蘇生の中止の適応に関しても再度概観した.
◆第19章では,加齢に伴う死亡率の増加に対する考察と,加齢が外傷センターでの治療を要する独立したリスク因子であることを記載した.

ダウンロード PDF Download ITLS 第4版: 救急救命スタッフのための 無料のPDF によって RL.Alson (著 編集), 無料で, ここでは、余分なお金を費やす必要なしに無料でPDF形式のファイルでこの本をダウンロードすることができます。ダウンロードするには、以下のダウンロードリンクをクリックしてください Download ITLS 第4版: 救急救命スタッフのための 無料のPDF PDF無料で.

リクルーズが出てくるときに発見を開始するには、リストされたマニュアルの完全なコレクションを持っている当社のウェブサイトを見つける理由があります。私たちは、あなたがPDF、凹されていないEPUBの電子ブックを見つけることが容易になりました。そして、私たちのオンライン電子ブックDownload ITLS 第4版: 救急救命スタッフのための 無料のPDF RL.Alson (著 編集),にアクセスすることで、Download ITLS 第4版: 救急救命スタッフのための 無料のPDF PDFが出てくると実用的な答えが出ます。受刑者&#39を見つけるのが正しいときに把握を開始するには、当社のウェブサイトは、リストされたマニュアルの完全なコレクションを持っています。私たちの図書館は、文字通り数十万の様々な製品が表現されているこれらの中で最も大きいです。また、さまざまな種類の製品やカテゴリ、またはニッチブランドに対応する特定のサイトが、Download ITLS 第4版: 救急救命スタッフのための 無料のPDF PDF、EPUB に対する数値方法に関連するサイトがあることがわかります。したがって、お探しの内容に基づいて、自分のニーズに合わせて電子ブックを選択する必要があります。