Download 集中治療,ここだけの話 無料のPDF

Download 集中治療,ここだけの話 無料のPDF

Download 集中治療,ここだけの話 無料のPDF, オンライン電子ブック, 電子ブックを読む Download 集中治療,ここだけの話 無料のPDF オンラインでは、この本を無料でPDFまたはEpub形式でダウンロードできます。

集中治療,ここだけの話

書籍の説明

  • ファイル名: Download 集中治療,ここだけの話 無料のPDF.pdf
  • ISBN : 14959877
  • リリース日 : 4 11月 2020
  • ページ数 : 113 ページ
  • 著者 : 田中竜馬 (編集)
  • 作成者情報 : 田中竜馬 (編集)
  • エディター : 独立した出版社

 

書籍の説明

「序」より

集中治療では、わかってないこと、まだはっきりと結論が出ていないことがたくさんあります。

「人工呼吸器モードはVCVが良いのか、PCVが良いのか?」
「敗血症性ショックでは何を、どれだけ輸液すれば良いのか?」
「急性腎障害にどのタイミングで腎代替療法を開始すれば良いのか?」

などなど、日常的に遭遇するような問いも、実はまだ決着がついていません。

集中治療に不慣れな人にとって、どこまでわかっていて何がわかってないのかわからなければ、自施設で行っている診療がローカルルールなのかスタンダードなのか判断するのは難しいですよね。周りの人に聞いても、人によって言うことが違ったりするともっと混乱してしまいます。というわけで、「『わかっていないことはわかっていない』としてわかっておこう」というのが本書の主旨です。

(中略)

そこで、集中治療のまだはっきりわかっていないところを、どのように考えてどう診療しているのか、それぞれの分野の専門家に尋ねてみました。なんだか面白そうじゃないですか? えっ、自分で言うなって? それが、専門家の先生方のアタマの中を覗くようで、本当に面白い内容なのです。

(中略)

まずは、ご自身が普段疑問に思っているところに目を通してみて下さい。

「HFNCとNPPVの使い分けは?」(14項)
「重症患者への栄養管理の方法は?」(37項)
「敗血症でのDICはどう診断(治療)するのか?」(42項)

などがありますよね。それぞれの項目を読んでみると、シンプルな問いにみえて、実はけっこう奥が深いことがわかると思います。「急性膵炎にはとりあえず○○○投与だよね」というようなお手軽な医療とはおさらばです。

「ごちゃごちゃ言わずに、マニュアルのようにただ答えだけ教えてくれればいい」というかたには本書は合わないかもしれません。しかし、集中治療に興味のある方にとっては、どのような経緯で現在の診療になったのか、どのような議論があるのか、ほかにどのようなやり方があるのかを知っていれば診療の幅が広がり、また今後の学びにつながることは間違いありません。

本書を通じて、より集中治療に興味を持ってもらえれば、編者としてこれほどうれしいことはありません。いっしょに集中治療のわからないところを学んでみませんか。

2018年10月

田中竜馬

<目次>

1 章 総論(4項目、例えば以下)
・ICU 入室・退室基準を設けるべきか?(ICU に入室基準を設けるべきか?/適切なICU 病床数はどれくらいか?/ICU に退室基準を設けるべきか?)

2 章 循環(9項目、例えば以下)
・循環モニターには何を使うか?(循環評価の基本的な考え方は?/Preload(前負荷)の指標はCVP,I VC,SVV,PLR test ?/Contractility(収縮力)の指標はCO,エコー? /Afterload(後負荷)の指標は?/乳酸値は酸素負債のゴールドスタンダードか?)

3 章 呼吸(9項目、例えば以下)
・HFNC vs NPPV(肺保護換気/重症COPDの呼吸管理/HFNC・NPPV・侵襲的人工呼吸の比較/初期あるいは軽症呼吸不全に対してHFNC,NPPV,侵襲的人工呼吸のいずれを選択すべきか?)

4 章 腎(4項目、例えば以下)
・RRT の適応と開始するタイミング(血液を浄化する意義/IRRT・CRRT の理論上の能力/CRRT の実際の能力/なぜCRRT によって炎症性サイトカインを取り除いても血液中サイトカイン濃度への影響がないのか?/CRRT により炎症性サイトカインを一定量取り除くことに意義があるかは議論がある/CRRT 導入が予後改善につながるのか?/どのタイミングでCRRT を開始するのか?/Non‒renal indication とは?)

5 章 感染症(3項目、例えば以下)
・抗菌薬の賢い使い方とは(バイオマーカーはどう使う?/De‒escalation の方法とタイミングは?/抗菌薬適正使用のあり方とは?)

6 章 内分泌(1項目、例えば以下)
・ICU での血糖管理(厳密な血糖コントロール(IIT)をめぐる論争とはどのようなものか?/重症管理において,血糖値の何を問題にすべきか?/血糖値はどのくらいにコントロールするのがよいのか?/疾患によって血糖の至適管理目標値は異なるのか?/血糖値を適切にコントロールするためにどのような方法がよいか?/血糖を至適管理目標値に保つための栄養戦略はあるのだろうか?)

7 章 神経(6項目、例えば以下)
・低体温療法/ 体温管理療法(低体温療法/ 体温管理療法の適応病態は?/低体温療法/ 体温管理療法を行う際の冷却方法は?/低体温療法/ 体温管理療法の最適プロトコルは?)

8 章 栄養(1項目、例えば以下)
・栄養療法の実際(経腸栄養(EN)開始のタイミングは?/EN 増量のスケジュールは?/投与する製剤は?/投与する方法は?/EN 開始や増量が躊躇されがちな患者/胃内残量の計測は?/プロバイオティクスの使用は? 便秘や下痢への対応は?/経静脈栄養(PN)添加のタイミングは?/ICU 入室前から栄養障害がある患者に対しては?)

9 章 消化器(3項目、例えば以下)
・ICU でのストレス潰瘍予防(ストレス潰瘍のリスク因子とは?/ストレス潰瘍予防に有効な薬剤とは?/ストレス潰瘍予防の副作用とは?/ストレス潰瘍予防は必要なのか?)

10 章 血液 (3項目、例えば以下)
・VTE 予防(VTE 予防の適応とは?/VTE リスクの層別化スコアに用いる“Immobility(安静)”の問題点とは?/出血リスクの層別化とは?/化学的VTE 予防の種類と選択は?/機械的VTE 予防の種類と選択は?/いつまでVTE 予防を続けるべきか?)

11 章 終末期(2項目、例えば以下)
・ICU における終末期医療(ICU では終末期医療に出くわすことが多いが,定まった対応はあるのか?/積極的な集中治療と終末期の緩和ケアの線引きは?/医療スタッフに葛藤があるなかで,どのように撤退を判断すればよいか?/違いを理解し,許容する/父権的な態度を控えめに)

12 章 その他(5項目、例えば以下)
・重症患者の搬送(病院内搬送で起こりうる有害事象とは?/病院内搬送を行ううえで何を考慮すべきか?/病院間搬送で起こりうる有害事象とは?/病院間搬送を行ううえで何を考慮すべきか?)

ダウンロード PDF Download 集中治療,ここだけの話 無料のPDF によって 田中竜馬 (編集) 無料で, ここでは、余分なお金を費やす必要なしに無料でPDF形式のファイルでこの本をダウンロードすることができます。ダウンロードするには、以下のダウンロードリンクをクリックしてください Download 集中治療,ここだけの話 無料のPDF PDF無料で.

リクルーズが出てくるときに発見を開始するには、リストされたマニュアルの完全なコレクションを持っている当社のウェブサイトを見つける理由があります。私たちは、あなたがPDF、凹されていないEPUBの電子ブックを見つけることが容易になりました。そして、私たちのオンライン電子ブックDownload 集中治療,ここだけの話 無料のPDF 田中竜馬 (編集)にアクセスすることで、Download 集中治療,ここだけの話 無料のPDF PDFが出てくると実用的な答えが出ます。受刑者&#39を見つけるのが正しいときに把握を開始するには、当社のウェブサイトは、リストされたマニュアルの完全なコレクションを持っています。私たちの図書館は、文字通り数十万の様々な製品が表現されているこれらの中で最も大きいです。また、さまざまな種類の製品やカテゴリ、またはニッチブランドに対応する特定のサイトが、Download 集中治療,ここだけの話 無料のPDF PDF、EPUB に対する数値方法に関連するサイトがあることがわかります。したがって、お探しの内容に基づいて、自分のニーズに合わせて電子ブックを選択する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です