ダウンロード 愛するということ 無料 PDF ブック。

ダウンロード 愛するということ 無料 PDF ブック。

ダウンロード 愛するということ 無料 PDF ブック。, オンライン電子ブック, 電子ブックを読む ダウンロード 愛するということ 無料 PDF ブック。 オンラインでは、この本を無料でPDFまたはEpub形式でダウンロードできます。

愛するということ

書籍の説明

  • ファイル名: ダウンロード 愛するということ 無料 PDF ブック。.pdf
  • ISBN : 82908940
  • リリース日 : 8 6月 2019
  • ページ数 : 136 ページ
  • 著者 : エーリッヒ・フロム
  • 作成者情報 : エーリッヒ・フロム
  • エディター : 独立した出版社

 

書籍の説明

読み継がれて60年――
世界的ベストセラーに30年ぶりに訳文に大幅に手を入れた、改訳・新装版!

◆各界の方々からのメッセージ
池谷裕二さん(脳研究者・東京大学薬学部教授)
愛について哲学し、愛の技術と理論を学び、そして、愛する練習を繰り返す――。そんな本はほかにはありません。ときに手厳しい言葉も綴られますが、著者が私たち読者のことを愛してくれている証拠です。

小谷野敦さん(比較文学者・作家)
間違えてはいけない。これは「愛されるということ」ではない。この本をいくらよく読んで何かを実行しても、好きな相手から好かれるようにはならない。そういう勘違いさえしなければ、読んでもよい。

姜尚中さん(政治学者)
愛に飢えながら、愛を語りえないわたしたちの不幸。それは、愛が歪んだナルシシズムと利己心の別名になっているからだ。愛するということは、自己への信頼と他人の可能性への信頼にもとづく最も人間らしい技術にほかならないことを知ったとき、愛は輝きを増し、そしてわたしの希望となった。本書によってわたしは救われたのだ。

菊地成孔さん(音楽家・文筆家)
「愛ってこんなに面倒くさいものなの」?と思うでしょうけれども、こんなに面倒くさいんです。あらゆる愛の実践が、歌の歌詞だけになってしまった現代に残された、今となっては喰えないぐらいにキツイ本です。「ずっとそばにいるよ」とか「声聞けないと死にそうだよ」とかいった言葉に本気でグッと来るような人は、読まない方が良いかもしれません。

岸見一郎さん(哲学者)
高校生の時に初めて知ったフロムの著作の中で、もっとも大きな影響を受けたのが『愛するということ』である。「愛は技術なのか」。にわかには答えを出せないこの問いをフロムと共に粘り強く考え抜いてほしい。

武田砂鉄さん(ライター)
愛というのはね……なんてアナタに語り始める人がいたとしたら(しかも偉そうに!)、この本のことを思い出しましょう。そう簡単に語れるものじゃないってことを、思い出すことができます。

谷川俊太郎さん
『愛するということ』を、若いころは観念的にしか読んでいなかった。再読してフロムの言葉が大変具体的に胸に響いてくるのに驚いた。読む者の人生経験が深まるにつれて、この本は真価を発揮すると思う。

出口治明さん(APU〈立命館アジア太平洋大学〉学長)
愛は幸福に生きるための技術である。学生時代に初めて本書を手にした時の感動が蘇る。愛とは信念の行為であり愛の技術を習練するには知力と努力が必要だ。ステイホームの今こそ、孤独を癒す愛の技術を学んで欲しい。

中江有里さん(女優・作家・歌手)
自己承認欲求や自己顕示欲に縛られて苦しんでいる方に、「愛されることじゃなくて愛すること」、「愛することって技術だから、誰でも習得することができる」ということを、シンプルに伝える一冊。

平野啓一郎さん(小説家)
確かに、古びてしまった点もある。しかし、それを選り分ける批評的な手作業は、却って深く、読者に、現代の愛を考えさせる。「愛の技術」を説く本ではあるが、文明論でもあり、私たちの困難を理解しつつ、鼓舞してくれる。

弘中綾香さん(テレビ朝日アナウンサー)
寂しい独り者が読むものだと思わないでほしい。家族がいる人や、パートナーと上手くいっている人であっても、本当に自分はその人のことを愛せているか、この本を読んだ後に自問自答してほしい。愛するということを、生まれながらに出来る人なんていないのだから。

ブレイディみかこさん(ライター・コラムニスト)
本書の英題は『The Art of Loving』。ARTは芸術のほか、技術、能力などを意味する。この本は「落ちる」感情ではなく、「踏み込む」意志から始まる愛のARTを語っている。その追求こそ、これからの人間と社会の進むべき道だろう。

文学YouTuberベルさん
「愛なんて、学校で習っていないからわからない!」と冗談をかます私に本気でぶつかってきた一冊だった。読んだ多くの人はこう思うだろう。「自分はまだ本当の愛を知らなかった」と。

ミッツ・マングローブさん(歌手・タレント)
私のように主体性や自己肯定力の低い者にとって、愛とは、とめどない勘違いと妥協と失望の連続であり、それらを乗り越える気力や相手への情があるかないかを自分に問いただす作業だった。愛というこの世でもっとも面倒くさいアクトを習練し、こなし続けることで、これまで見えなかった自分を知れるかもしれない。

森まゆみさん(作家)
初読の学生時代、私はカップルの片われで、「愛されること」ばかり考えていた。結婚、出産、育児、離婚、市民運動、更年期障害、老いの自覚を経て再読し、この本が何百倍も広く深い、生きる意味を照らす鏡であると思えてきた。

■時代に合わない表現・用語などを変更
旧:異性愛 → 新:恋愛 旧:兄弟愛 → 新:友愛
旧:月賦 → 新:カード払い 旧:冷感症 → 新:不感症
旧:前世紀、今世紀 → 新:一九世紀、二〇世紀

■さらに読みやすくわかりやすい訳にブラッシュアップ
〈旧〉
愛するという技術についての安易な教えを期待してこの本を読む人は、きっと失望するにちがいない。そうした期待とはうらはらに、この本が言わんとするのは、愛というものは、その人の成熟の度合いに関わりなく誰もが簡単に浸れるような感情ではない、ということである。

〈新〉
愛するという技術についての安易な教えを期待してこの本を読む人は、がっかりするだろう。この本は、そうした期待を裏切って、こう主張する――愛は「その人がどれくらい成熟しているかとは無関係に、誰もが簡単に浸れる感情」ではない。

〈旧〉
生まれてはじめて、合一感、共有意識、一体感といったものを知る。

〈新〉
生まれてはじめて、他者との結びつき、分け合うこと、一体感といったものを知る。

★対になる装丁で、フロムの代表作『生きるということ 新装版』を同時刊行★

【著者】 エーリッヒ・フロム (Erich Fromm 1900~1980年)
精神分析に社会的視点をもたらし、いわゆる「新フロイト派」の代表的存在とされた。真に人間的な生活を可能にする社会的条件とは何かを終生にわたって追求したヒューマニストとしても知られる。著書に『自由からの逃走』『破壊』『悪について』『ワイマールからヒトラーへ』『反抗と自由』ほか多数。

【訳者】 鈴木晶 (すずき・しょう)
法政大学名誉教授。著書に、『フロイトからユングへ』『フロムに学ぶ「愛する」ための心理学』ほか多数。

ダウンロード PDF ダウンロード 愛するということ 無料 PDF ブック。 によって エーリッヒ・フロム 無料で, ここでは、余分なお金を費やす必要なしに無料でPDF形式のファイルでこの本をダウンロードすることができます。ダウンロードするには、以下のダウンロードリンクをクリックしてください ダウンロード 愛するということ 無料 PDF ブック。 PDF無料で.

リクルーズが出てくるときに発見を開始するには、リストされたマニュアルの完全なコレクションを持っている当社のウェブサイトを見つける理由があります。私たちは、あなたがPDF、凹されていないEPUBの電子ブックを見つけることが容易になりました。そして、私たちのオンライン電子ブックダウンロード 愛するということ 無料 PDF ブック。 エーリッヒ・フロムにアクセスすることで、ダウンロード 愛するということ 無料 PDF ブック。 PDFが出てくると実用的な答えが出ます。受刑者&#39を見つけるのが正しいときに把握を開始するには、当社のウェブサイトは、リストされたマニュアルの完全なコレクションを持っています。私たちの図書館は、文字通り数十万の様々な製品が表現されているこれらの中で最も大きいです。また、さまざまな種類の製品やカテゴリ、またはニッチブランドに対応する特定のサイトが、ダウンロード 愛するということ 無料 PDF ブック。 PDF、EPUB に対する数値方法に関連するサイトがあることがわかります。したがって、お探しの内容に基づいて、自分のニーズに合わせて電子ブックを選択する必要があります。