ダウンロード ポケット呼吸器診療2023 無料 PDF ブック。

ダウンロード ポケット呼吸器診療2023 無料 PDF ブック。

ダウンロード ポケット呼吸器診療2023 無料 PDF ブック。, オンライン電子ブック, 電子ブックを読む ダウンロード ポケット呼吸器診療2023 無料 PDF ブック。 オンラインでは、この本を無料でPDFまたはEpub形式でダウンロードできます。

ポケット呼吸器診療2023

書籍の説明

  • ファイル名: ダウンロード ポケット呼吸器診療2023 無料 PDF ブック。.pdf
  • ISBN : 16278730
  • リリース日 : 10 2月 2021
  • ページ数 : 118 ページ
  • 著者 : 倉原 優
  • 作成者情報 : 倉原 優
  • エディター : 独立した出版社

 

書籍の説明

【2023年版のポイント】
・特別付録→電子書籍版(PDF版)の無料ダウンロード権が付いています。
※1冊につき1ライセンスです。ライセンス使用済みの中古書では利用できません。
・「2023年版になってどこが変わったの?」がわかります→改訂部分を色付け
・各種ガイドラインの改訂に対応など→最新情報にアップデート

【本書のポイント】
・臨床で使える小さなマニュアル(新書版)
・呼吸器疾患の診療手順/処方例/診療指針
・ガイドラインを掲載 ・患者さんへの病状説明のポイント,よくある質問の解答例も

◆目次
1.基礎知識
2.感染症(肺炎)
3.閉塞性肺疾患
4.間質性肺疾患
5.免疫・アレルギー性肺疾患
6.肺悪性腫瘍
7.じん肺
8.慢性咳嗽
9.呼吸不全
10.睡眠時無呼吸症候群
11.肺血管疾患
12.資料
13.薬品名一覧
14.略語一覧

著者より
このマニュアルは「できるだけコンパクトかつ有用な安い書籍」を目標にしていますが、限りなく最新の文献に基づいた疾患情報を提供できるよう心がけています。実臨床で使用することを最優先に、不要な贅肉を極限までこそぎ落としているつもりです。

【2022年版→2023年版の主な変更点】
・キーワードと呼吸器疾患にVEXAS症候群を追加
・去痰薬のエビデンスを追加
・喀血と血圧・糖尿病などのリスクについて追記
・BAL回収不良のリスク因子を追記
・EBUS-GSの診断率について追記
・クライオバイオプシー(TBLC)の合併症リスクについて追記
・シングルユースTBLCについて記載
・VINCENTについて追記
・小葉内間質肥厚の記載変更
・一口メモ「コロナ禍における肺機能検査」追加
・一口メモ「肺エコーの日本語総説」追加:日本救急医学会の「救急point–of–care 超音波診療指針(Guidance for Clinical Practice using Emergency and Point–of–Care Ultrasonography)」を紹介
・心不全におけるB-lineのエビデンスを追加
・一口メモ「Light の基準の不一致」追加
・結核性胸膜炎の胸水中総蛋白について記載
・胸水ADA ≧ 40 以上のフローチャートを追加
・胸膜癒着剤を改訂
・アミカシンの血中濃度について追記
・「65 歳以上の成人に対する肺炎球菌ワクチン接種の考え方(2023 年3 月)」を掲載
・TOPIC「新しい肺炎球菌ワクチン」追加(バクニュバンス®)
・COVID-19:オミクロン株以降のニルマトレルビル/リトナビル(パキロビッド®)などのエビデンスを追加
・一口メモ「日本発の抗ウイルス薬」追加(エンシトレルビル[ゾコーバ®])
・FilmArray®と非定型病原微生物について追記
・市中肺炎のICU 入室適否をみるためのIDSA/ATS 基準を追加
・レジオネラスコア追加
・TOPIC「市中肺炎に対する全身性ステロイド」追加(CAPE COD研究)
・アドバンス・ケア・プランニングについて追記
・百日咳については「小児呼吸器感染症診療ガイドライン2022」を参照
・百日咳の検査法を改訂
・膿胸の胸腔ドレナージのエビデンスを追記
・肺アスペルギルス症の分類について追記
・イムノテスタ®β-Dグルカンについて追記
・BAL中アスペルギルスガラクトマンナン抗原について追記
・アスペルギルスのPCR・LAMP法について追記
・イサブコナゾール(クレセンバ®)の用法用量を追加
・A. fumigatus特異的IgGについて追記
・クリプトコッカスの病変分布について追加
・PCPのβ-Dグルカンについて追記
・PCPのST合剤減量治療のエビデンスを追加
・ST合剤による高カリウム血症のデータを追加
・一口メモ「ST 合剤の予防効果」追加
・サイトメガロウイルス再活性化例に対するデノシン®について追記
・ノカルジアの保菌/感染について追記
・ノカルジアの感受性について表を追加
・結核菌の排菌量とIGRAについて追記
・LTBIリスクについて、アバタセプトとJAK阻害剤に言及
・抗酸菌感染症にかかわることがある生物学的製剤に薬剤追加
・結核診断における胃液検査のエビデンスと感染症法の注意点を追記
・結核治療時のINH不使用レジメンにRELZ追加
・結核菌の耐性率を改訂
・主な抗結核薬が使用できない場合の薬剤選択の表を改訂
・肺NTM症のBACESスコアを掲載
・MAC抗体のエビデンスを追加
・肺MAC症の治療期間のエビデンスを追加
・役立ちメモ「アミカシンリポソーム吸入用懸濁液(ALIS)の嗄声」追加
・一口メモ「NTM 症と関節リウマチ」追加
・肺M. abscessus症の治療を大幅改訂
・KANEKA DNA Chromatography MABC/erm(41)を紹介
・一口メモ「肺アスペルギルス症と肺MAC症の合併について」追加
・トリプル吸入療法についてエビデンスを追加
・喘息診断時のPGAM2022推奨を追加
・喘息の治療ステップに抗TSLP抗体(テゼペルマブ[テゼスパイア®])、GINA2022推奨を反映
・成人重症喘息に対する生物学的製剤の治療選択の表を掲載
・喘息に対する抗体医薬品を大幅改訂
・オマリズマブの用法用量を見やすく改訂
・一口メモ「レスキューはSABA単独ではなくICS+SABA の時代へ」
・喘息増悪時の全身性ステロイドのエビデンスを追加
・COPD:「COPD(慢性閉塞性肺疾患)診断と治療のためのガイドライン2022,第6 版」「GOLD2023」発刊により、全体的に改訂
・TOPIC「在宅ハイフローセラピー」追加
・Zephyr®の国内承認について記載(重症COPDに使用する気管支バルブの適正使用指針.2022.)
・気管支レオプラスティについて記載
・COPD増悪のRome Proposalを紹介
・COPD増悪に対する輸液・低分子ヘパリンについて言及(GOLD2023)
・喘息とCOPD のオーバーラップの概念のPros & Consについて記載
・エアロチャンバープラス静電気防止型について記載変更
・気管支拡張症の増悪について追記
・IPFの有病率について追記
・特発性肺線維症(IPF)診断のフローチャートを改訂(ATS/ERS/JRS/ALATガイドライン2022)
・特発性肺線維症(IPF)の診断基準の表を改訂
・PF-ILDから進行性肺線維症(PPF)に変更、概念の紹介
・DIPについて追記
・ILA(interstitial lung abnormality)について追記
・IPF の胸部HRCT パターンを改訂(ATS/ERS/JRS/ALATガイドライン2022)
・CPFE(combined pulmonary fibrosis and emphysema)について追記
・IPF急性増悪リスクを評価するHALスコアを紹介
・IPF急性増悪の全身性ステロイド漸減についてエビデンスを追加
・抗ARS抗体の表記について改訂
・抗NXP-2抗体、抗HMGCR抗体、抗FHL1抗体のデータなどを追加
・RA-ILDに対するプレドニゾロンについて追記
・慢性ILDに対するMTXの使用について追記
・多発性筋炎/皮膚筋炎の診断基準掲載
・漢方薬による薬剤性肺障害についてデータを紹介
・結節性リンパ組織過形成の文面一部変更
・TAFRO症候群について記載
・免疫不全関連リンパ増殖性疾患について追記
・LAMの腎血管筋脂肪腫について追記
・LAMのVEGF-Dの検査精度について記載
・LAMにおける低用量ピル、ホルモン補充、排卵誘発剤について記載
・LAM患者さんの妊娠について記載
・PAPの気管支鏡診断について追記
・GPA/MPA の寛解導入療法におけるステロイドの標準用量レジメンと減量レジメンの表を掲載(EULAR recommendations 2022)
・AAVにおけるリツキシマブについて記載
・アバコパン(タブネオス®)の情報改訂
・EGPAに対するメポリズマブ(ヌーカラ®)について追記
・サルコイドーシスの原因について記載
・眼サルコイドーシスとACEについて記載
・CEPの再発予測因子についてエビデンス追加
・「過敏性肺炎診療指針2022」発刊により過敏性肺炎の記載変更
・hexagonal patternを紹介
・「イムノキャップ特異的IgG鳥」の検査精度を追記
・ABPAについてはアレルギー性疾患と2か所に記載していたが、1か所に集約
・KRAS G12C変異について注意点追記
・TOPIC「細胞診で遺伝子パネル検査」追加
・肺葉切除と肺区域切除の比較
・TOPIC「周術期化学療法」改訂
・非扁平上皮癌以外におけるMET遺伝子エクソン14 スキッピング変異について追記
・Ⅳ期非小細胞肺癌の概略を改訂
・高齢者におけるオプジーボ®+ヤーボイ®について追記
・トレメリムマブ(イジュド®)を追加
・オシメルチニブによるTAPOについて記載
・頭蓋内転移とロルラチニブ(ローブレナ®)について追記
・セルペルカチニブ(レットヴィモ®)を追加
・NTRK融合遺伝子陽性例の治療について追記
・HER2 陽性非小細胞肺癌に対するトラスツズマブ デルクステカンのFDA承認について記載
・TOPIC「セルプルリマブ、アデブレリマブ」追加
・EGFR-TKIの皮膚障害についてミノサイクリンの代替を記載
・発熱性好中球減少症におけるG-CSFについて追記
・悪性胸膜中皮腫におけるキイトルーダ®、イミフィンジ®について追記
・胸腺腫の外科的切除について記載変更
・胸腺癌に対するキイトルーダ®について追記
・全脳照射後の認知機能低下について追記
・放射線肺炎の分類をNCI CTCAE v5.0に変更
・肺結節における肺癌の頻度の表を掲載
・咳喘息に対するLTRA単独療法について私見を記載
・CRSwNPと好酸球性副鼻腔炎の関係を記載
・リフヌア®の副作用について記載
・在宅酸素療法の費用を改訂
・「非がん性呼吸器疾患におけるオピオイド」の記載変更
・「胸腔ドレナージが必要かどうかを判定するためのフローチャート」を一部変更
・気胸に対する胸膜癒着術について追記
・閉塞性睡眠時無呼吸に対する口腔内装置(OA、スリープスプリント)について追記
・TOPIC「スルチアム」追加
・COPDにおける肺高血圧症について追記
・「肺高血圧症(PH)の分類」を変更(2022 ESC/ERSガイドライン)
・「右心カテーテル結果と各群の対応」に追記
・「特発性、遺伝性、薬剤関連、膠原病関連の肺動脈性肺高血圧症(PAH)の治療選択肢」を改訂(2022 ESC/ERSガイドライン)
・「肺高血圧症(PH)のリスク評価」を改訂(2022 ESC/ERSガイドライン)
・トレプロスト® 吸入液1.74 mg を追加
・CTEPHに対するセレキシパグについて追記
・TOPIC「Xa因子阻害薬中和剤」追加
・「高額療養費制度における毎月の医療費の自己負担額上限額概算」の表を2つ追加
続きを読む

ダウンロード PDF ダウンロード ポケット呼吸器診療2023 無料 PDF ブック。 によって 倉原 優 無料で, ここでは、余分なお金を費やす必要なしに無料でPDF形式のファイルでこの本をダウンロードすることができます。ダウンロードするには、以下のダウンロードリンクをクリックしてください ダウンロード ポケット呼吸器診療2023 無料 PDF ブック。 PDF無料で.

リクルーズが出てくるときに発見を開始するには、リストされたマニュアルの完全なコレクションを持っている当社のウェブサイトを見つける理由があります。私たちは、あなたがPDF、凹されていないEPUBの電子ブックを見つけることが容易になりました。そして、私たちのオンライン電子ブックダウンロード ポケット呼吸器診療2023 無料 PDF ブック。 倉原 優にアクセスすることで、ダウンロード ポケット呼吸器診療2023 無料 PDF ブック。 PDFが出てくると実用的な答えが出ます。受刑者&#39を見つけるのが正しいときに把握を開始するには、当社のウェブサイトは、リストされたマニュアルの完全なコレクションを持っています。私たちの図書館は、文字通り数十万の様々な製品が表現されているこれらの中で最も大きいです。また、さまざまな種類の製品やカテゴリ、またはニッチブランドに対応する特定のサイトが、ダウンロード ポケット呼吸器診療2023 無料 PDF ブック。 PDF、EPUB に対する数値方法に関連するサイトがあることがわかります。したがって、お探しの内容に基づいて、自分のニーズに合わせて電子ブックを選択する必要があります。